【能登ドライブ】志賀町にある花のミュージアム「フローリィ」初夏のガーデンに癒やされる。

【能登ドライブ】志賀町にある花のミュージアム「フローリィ」初夏のガーデンに癒やされる。

先日、能登方面へドライブした際に、羽咋郡志賀町 (はくいぐん しかまち) にある 花のミュージアム「フローリィ」へ行ってきました。

ここは “花の楽園” かと思うほど、色とりどりの草花が見事に咲き誇り、うっとりするほど素敵な世界でした。こんなに素晴らしいフラワーガーデンが入場無料ってすごすぎる。志賀町の人、近くにあっていいなぁ。羨ましい・・・

今回は、そんな美しい「フローリィ」の初夏の様子を、たっぷり25枚の写真とともにお届けします。

ガーデン内には雰囲気の良いカフェも併設されていて、デートにもおすすめなスポットですよ。

能登・志賀町にある花のミュージアム『フローリィ』

志賀町にあるフローリィの駐車場から眺める日本海の風景

フローリィへ向かう県道36号線は海沿いの道で、晴れた日は絶景! 能登ドライブに最高です。

金沢から “のと里山海道” を通って1時間ほどと、気分転換にちょうどいい距離なんですよね。😀

ー 到着!エントランスからすでにお洒落💕

美しい花とともに出迎えてくれるエントランスの様子です。

さて、ルンルン気分で車を走らせフローリィに到着。駐車場に車を停め、正門へやってきました。すでに南ヨーロッパやプロヴァンスを思わせる外観✨ 佇まいが素敵で、入る前から気分があがります。💕

美しいエントランス

エントランス付近のお花もバランスよく飾られてハイセンス。あぁ、楽しみ!

早速、中へ入ってみましょう。(*’∀’人)♥*+

ー 1歩足を踏み入れると、そこはまるで南欧。

入ってすぐの開放的なエントランス部分

じゃん。

入ってすぐ、目の前に広がる景色がこれですよ。すごすぎる・・・

さんさんと日差しが降り注ぐインナーテラスは美しく四季の花々でコーディネートされ、まるで地中海にある高級ホテルのロビーにいるような気分になります。

ついさっきまで、風光明媚な能登の風景を眺めながらドライブしてたのに。すごい変わりよう(笑)

Advertisement

フロアマップを見ながらガーデン内を探索🌼

花のミュージアム フローリィのパンフレット

入口付近の受付で、綺麗なお姉さんにパンフレットをいただきました♪ これを見ながら散策開始です。

▷ 花のミュージアム『フローリィ』施設マップ

一階のエントランスから向かって右側には「ミュージアムショップ」、左側には「ガーデンハウス (温室)」、正面奥は「アリスの庭 シーズンガーデン (屋外)」へと続きます。二階にはカフェ「カモミール」と花のモデルルームが併設されています。

地中海の雰囲気漂う温室「ガーデンハウス」

ウェルカム看板

まずはメインスポット「ガーデンハウス」へ。

5月の温室には、ゼラニウムやアジサイ、カーネーションなど馴染みのある花のほか、アルメリア、デンドロビウム ファイヤーバード、タマシャジン、イベリス、ブラキカムなどがセンス良く植えられいます。

志賀町フローリィの温室 (ガーデンハウス) 全景

こちらも一歩足を踏み入れると、南ヨーロッパの雰囲気。奥に見えるのが地中海でしょうか? (←いや、日本海🌊)

「ここ、ほんとに能登?」と思っちゃうくらいの絶景が広がります。

ガーデンハウス入り口の雰囲気

ガーデンハウス内は巨大な温室になっていて、入口から「緑のガーデン」、「水のガーデン」、「サンクンガーデン」、「オーシャンテラス」へと続いていきます。

緑のガーデン

緑のガーデン

緑のガーデンには、萼 (がく) の形が可愛らしいアジサイが咲いていました。

西洋アジサイ

トレイントレイン、ホットチボリ、スターリットスカイ、ごきげんよう、千代女、水色の恋など、初めて見るアジサイばかりで勉強になりました。

アジサイは土の性質によって花の色が変わることから、「移り気」という花言葉がつけられているそうです。
また、色ごとにも花言葉があり、青なら「辛抱強い愛情」ピンクなら「元気な女性」白なら「寛容」なんだそう。

水のガーデン

ガーデンハウス内の噴水

ガーデン内中央付近に設えられた噴水はお日様にキラキラと反射してきれい。軽やかな水の音に癒やされます。

ビビッドカラーが鮮やかなゼラニウム

鮮やかなビビッドカラーのゼラニウムで飾られたエリアも素敵。

温室水辺付近

色彩設計といい、植物の特徴を活かした魅せ方といい、かなり計算された完成度の高いガーデンです。

温室から見渡す日本海

開け放たれた窓からカラッとした心地の良い風が、ハーブの爽やかな香りを運んできてくれます。

わたしは梅雨前の新緑が美しいこの時期が一番好きです。

サンクンガーデン

ハイセンスなガーデン

水のガーデンからさらに奥へ進んでいくと、サンクンガーデンへと続きます。所々に置かれた噴水や天使の石像、ベンチなども自然に調和していてとっても素敵。

ちなみにサンクンガーデンとは「沈んだ庭」という意味なんだそう。

フローリィ温室内の全景

フローリィは緻密な設計で、建造物自体も楽しめます。それにしても美しすぎる。

オーシャンテラス

オーシャンテラスからの日本海

サンクンガーデンの奥には、日本海が一望できるオーシャンテラスがありました。静かな日本海を眺めながら新緑の空気をたっぷり吸うと、心が洗われます。

温室内の花々

ハウス内には馴染みの花々も植えられているのでガーデニングされている方は、植え方や見せ方など参考になるんじゃないでしょうか。

それにしても、一歩進んでパシャリ、また一歩進んでパシャリ・・・写真映えする場所が多すぎて、なかなか前に進みません。(*´艸`*)

カフェ「カモミール」で優雅なひととき

温室から二階テラスへ続く階段

温室と日本海が見渡せる二階には、カフェ「カモミール」も併設されています。

カモミールでは、コーヒーや紅茶、ハーブティーなどのドリンクの他にスイーツメニューやパスタランチもあり、海とガーデンを眺めながら優雅なひとときを楽しめます。

二階のテラス席

テラスでゆっくりカフェなんて、とっても素敵! 今度来たときは立ち寄ってみたいと思います。

カフェ カモミールの営業時間
10:00~17:00 (L.O 平日16:00 / 土日祝 16:30)

アリスの庭「シーズンガーデン」

温室の花々をたっぷり鑑賞したあとは、屋外にあるアリスの庭「シーズンガーデン」へ。

四季を感じるシーズンガーデンの全景写真

この日は初夏を思わせるような晴天で、屋外の植物も活き活きとしていました。

5月の庭園には、ラナンキュラスやポピー、ボリジ、カモミール、アジュガ、オルレアなどが咲いています。フローリィでは、屋内外に約500種を超える植物が植えられているそう。春、夏、秋、冬 (クリスマス) とシーズンごとに表情を変え、いつ来ても楽しめるのが魅力ですね。

ポピー

ビタミンカラーが可愛らしいポピー。

エリアごとに配色がされていて、色彩豊かでまとまりのある庭園です。

フローリィの庭園に咲く花々

シーズンガーデン奥にはこんな素敵なスポットも✨

アリスの庭 シーズンガーデンの5月の様子

あっ屋外は紫外線が強いので、日焼け止めや帽子などで紫外線対策をきちんとしてくださいね。☀

Advertisement

マナーを守って楽しく散策しよう

注意事項・マナー事項

美しいガーデンを無料で開放してくれることに感謝し、マナー事項はしっかり守りましょう。

  • 飲食物の持ち込み禁止
  • ペット禁止
  • ドローン禁止
  • 植物の花・種の採取、枝の切り取り

志賀町『フローリィ』のアクセス情報

名称 花のミュージアム フローリィ
住所 〒925-0161
石川県羽咋郡志賀町赤住14字54番地1
電話 0767-32-8787
開館時間 午前9時30分~午後5時
休館日 毎週月曜 (祝日の場合は翌日)
12月下旬~翌年3月下旬 (冬期休館)
入館料 無料
公式HP http://www.fleuri.jp/
SNS Instagram

一年のなかでフローリィが最も美しい初夏のガーデンは、花好きなら一度は行って欲しいスポット。新緑と彩り豊かな花々、せせらぎの音、ハーブの香りと、とっても贅沢な時間を過ごすことができますよ。

📝 能登・羽咋方面のドライブ関連記事

能登ドライブ♪増穂浦海岸&世界一長いベンチは、まったりデートにオススメなスポット。

羽咋・道の駅『のと千里浜』が楽しい!人気のお土産が限定ご当地グルメがいっぱい♪

能登・羽咋にある妙成寺(みょうじょうじ)でしっぽり大人デート

Advertisement