『羽咋・千路のしだれ桜が優美』古永建設 – 2019能登桜めぐり@石川県羽咋市

『羽咋・千路のしだれ桜が優美』古永建設 – 2019能登桜めぐり@石川県羽咋市

こんにちは、雪梅 (せつめ) です。
春の能登桜めぐり第3弾は、石川県羽咋市千路町 (はくいし ちじまち) にある超有名なお花見スポット『古永建設 (ふるえけんせつ) しだれ桜園』です。

2019年のしだれ桜開花状況や、優美な桜の世界を写真とともにお届けします。(。・ω・。)ノ

2019年4月16日時点の開花状況を追記しました。(写真4枚追加)

羽咋市千路町『建設会社さんが作った “桜の庭園” 』

古永建設のしだれ桜園 (2019年4月)

先日の北國新聞に掲載されていた記事によると、この庭園は古永建設の社長 (古永義二郎さん) が30年前から造り始めたそう。

庭園内には、しだれ桜をはじめ、ソメイヨシノや菊桜、八重桜など、10種類以上の桜が約150本も植えられているのだとか。こんなにも美しい庭園を、30年という長いながい時間をかけて造られるってすごいことですよね。

また、惜しげなく無料で開放される心意気も素敵です。やっぱり能登の男はカッコイイ!

2019年4月11日 – 古永建設しだれ桜の開花状況

しだれ桜のつぼみ 古永建設 (2019年4月)

4月11日に行きましたが、しだれ桜の開花は3~4分ほど。見頃は1週間ほど先でしょうか。。今年は昨年 (2018年) よりも桜の開花が遅いため、ゆっくりと鑑賞できますね。

八重桜 古永建設 (2019年4月)

シフォンのようなやわらかな花びらが愛らしい八重桜も咲き始めていました。

ボケの花

パッと鮮やかな赤色が目をひく美しいボケの花も可愛い。

千路桜祭り

古永建設のしだれ桜園 (2019年4月)

毎年、古永建設さんが後援する『千路桜祭り』には県内外から多くの花見客が訪れます。

もう終わっちゃいましたが、今年の千路桜祭りは、2019年4月14日 (日) 10:00 ~ 15:00 に開催され、特設ステージで太鼓や民謡、バンド演奏などが披露されたそう。また、『建設機械の試乗体験』など建設会社さんらしい催し物もあったそうです。(*’∀’人)

古永建設のしだれ桜

見頃はもう少し先ですが、まったりとお花見を楽しんでいる方々が沢山いらっしゃいましたよ~ (。・ω・。)ノ

Advertisement

【追記】2019年4月16日 開花状況 – しだれ桜が見頃♪

4月16日、羽咋方面に用事があったので、早起きして眉丈台地自然緑地公園の桜を観賞したあと、こちらにも立ち寄ってみました。

羽咋市千路町「古永建設」のしだれ桜が満開 (2019年4月16日撮影)

しだれ桜も見頃を迎え、庭園内は一面ピンク色で染まり、ビックリするほど美しい世界が広がっていました。

羽咋市千路町「古永建設」の美しい庭園 (2019年4月16日撮影)

朝7時過ぎに訪れましたが、誰もいなくてゆっくりと散策できましたよ~。

羽咋市千路町「古永建設」のしだれ桜が満開 (2019年4月16日撮影)

古永建設のしだれ桜園は羽咋では有名な桜スポットのため、平日でも昼間はかなりの人で賑わいます。静かに鑑賞したい人やじっくり写真撮影をしたい人は、早朝がお勧めです。

木のチップ材が敷かれた庭園

庭園の通路にはチップ材が敷かれいて、ふわふわの歩き心地。土の上を直接歩かずに済むので、靴が汚れなくて嬉しい。( *´艸`)

古永建設しだれ桜園 アクセス情報

ー のと里山海道 (柳田IC) からの行き方

のと里山海道をピュイーっと走って『柳田IC (やないだ) 』で下り、『猫の目交差点』を過ぎ、そのまま県道2号線へと進みます。

羽咋市千路古永建設までのルート

しばらく走ると『上中山』の小さな青い看板が出てくるので、この交差点を左折し、県道233号線を上っていくと、左側に『古永建設・しだれ桜園』があります。のと里山海道 柳田IC から約6分ほどで到着です。

名称 フルエケンセツ・シダレザクラエン
古永建設・しだれ桜園
住所 〒925-0012 石川県羽咋市千路町
駐車場 庭園そばの道路脇
Advertisement