【備忘録】オートバックスでオイル交換とエレメント交換。オイルはペリコSN使用。

【備忘録】オートバックスでオイル交換とエレメント交換。オイルはペリコSN使用。

久しぶりにオートバックスに行ってエンジンオイルの交換をしてきました。専門的な修理依頼は懇意にしている業者さんへお願いしていますが、基本的なメンテナンスはかれこれ13年ほどAUTOBACSを利用しています。安いし、早いし (空いてれば) 、女性でも気軽に行きやすいという理由から。

今回は自分用の備忘録も兼ねて、オートバックスでオイル交換する際の流れや、実際にかかった工賃や時間をまとめました。あと、エレメント (フィルター) 交換依頼時の注意点も併せてメモしています。

注) この記事は、2019年6月に金沢市内のオートバックスを利用した際の情報です。時間の経過や、店舗によってサービス内容が異なる場合がありますので、詳細は各店舗へ直接ご確認下さい。

オートバックスでエンジンオイル交換、予約方法は3種類

オートバックスでオイル交換作業を予約する方法は、ネット・アプリ・電話の3種類。どの方法でも簡単に予約できます。

私の場合、前日や当日などの急な作業依頼が多くて電話で空き状況を確認してから予約することが多いんですが、今回はふと夜中に思い立ったためネットで予約してみました。最近はアプリでも予約できるようです。あとで登録してみようっと。

ネット (ピットサービス) での予約方法

さて、ここからはネットでの予約方法について画像付きで説明していきますね。

オートバックスでは、使用するエンジンオイルをネットショップから購入して一緒に予約することも可能なようですが、私はお店でスタッフさんに確認しながら「PELICO (ペリコ)」の量り売りものを購入しています。というわけで、ここでは作業予約のみの説明になります。

※ メンテナンス会員の方は、事前にカードを手元に用意しておくと手続きがスムーズです。

1. 作業依頼する店舗を検索

オートバックスのピット予約サービス画面

オートバックスピットサービスのサイトへアクセスします。

地図または住所から店舗を探し表示された一覧から、該当店舗のサービス内容にあるオレンジ色の「オイル交換」ボタンをクリックして進みます。

2. 依頼内容 (オイル交換) と予約日時を選択

ピット予約サービス画面-1

店舗が正しく選ばれているか確認し、希望の作業内容で「オイル交換」を選択します。

ピット予約サービス画面-2

次にオイルエレメント (フィルター) の交換が必要かどうか選択します。デフォルトでは「オイルフィルターなし」になっているので、フィルター交換が必要な場合は「オイルフィルターあり」を選択します。

※ オイルエレメント (フィルター) 交換依頼時の注意点

大衆的な車種であれば店舗にオイルエレメントの在庫があることが多いですが、外車や台数の少ない車種などは適応するエレメントがお店に置いてないことがあります。その場合、取り寄せに数日かかる場合があり、予約日時が変更になる可能性があります。心配な方は、直接お店に在庫確認してから予約するのがおすすめです。

作業確認 ピット予約サービス画面-4

以上の選択が完了したら、オレンジ色の「作業時間を検索」ボタンをクリックします。

オイル交換の作業時間を予約する

画面が切り替わったら、作業予約したい時間をクリックします。ピットの混雑具合により、希望の日時で選択できない場合もあるので気をつけましょう。

ピット予約サービス画面-6

時間帯を選ぶと、カレンダー上部に作業日と時間帯が表示されます。問題がなければ「次へ進む」ボタンをクリックします。

3. 個人情報を入力 (会員はログイン)

ピット予約サービス画面-7

オートバックス会員カードに記載されたカード番号と、電話番号を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。

会員じゃない場合は?

会員カードを持っていない場合は、ゲスト予約も可能です。

ゲスト予約画面
▲ ゲスト予約画面

ゲスト予約の場合は、名前・ふりがな・電話番号・メールアドレス・車両メーカー・車種名の情報入力が必要になります。

4. ピット作業予約内容の確認

エンジンオイル交換作業確認画面

ログインできたら、ピット作業の予約内容と注意事項を確認し、「上記注意事項を確認しました」にチェックを入れ、「作業予約する」ボタンをクリックします。

5. 予約完了

ピット作業予約完了画面
▲ オートバックス ピット作業予約完了画面

完了画面が表示されれば、予約完了です。しばらくすると登録済みのメールアドレス宛に「予約登録のお知らせ」のタイトルでメールが届きます。PCに届く場合は、念のためスマホに転送しておくと安心です。

Advertisement

エンジンオイル交換の流れ

ここからは実際に訪れた時の様子をご紹介します。

※ オートバックスはフランチャイズのため、利用する店舗によって対応が違うことがよくあります・・・あくまでご参考程度にどうぞ。

1. 受け付け、オイル選び

作業日当日、予約時間10分前にオートバックスへ到着。お店のお姉さんに予約メール画面を見せて受付を済ませます。

そしてスタッフさんと一緒に使用するオイルの確認。オートバックスの会員で以前にオイル交換していれば、前回どんなオイルを使ったか履歴でわかるようになっています。

量り売りエンジンオイル
▲ 量り売りエンジンオイル (画像は鉱物油)

数年前までは缶入りの「カストロール (SN:全合成油) 」を使用していましたが、ここ2年ほどはオートバックスの量り売りエンジンオイル「PELICO (ペリコ) SN:合成油」を使っています。(缶入りは余ったら持って帰って次のオイル交換に使えるんですが、絶対忘れるんですよね、私・・・。)

車に詳しい知人達からは、『エンジンオイルは超重要!エンジンが「心臓」ならエンジンオイルは「血液」だからね!良いオイル選びと定期的な交換は絶対だよ!』と言われるので、ここは少し意識して全合成油を選ぶようにしています。

それと、オイルは下抜きでお願いしてもらっています。

2. 工賃支払い

使用するオイルが決まったら、先に支払いを済ませます。オートバックスはクレジットカードで支払いできるので助かります。😄

3. 車をピットへ移動しよう

支払いが完了したら、「ピット●番へお車を移動して下さい。」と伝えられるので、車をピットへ移動します。ピット内へ入ると作業スタッフの方が手をあげて案内してくれるので指示に従って停めましょう。

4. 作業が終わるまで待とう

お会計の際に渡された番号札を持って作業が終わるまで、待合室で待ちます。オイル交換が終わると、番号札に書かれた呼出番号で作業完了の連絡がアナウンスされるので、ピットへ向かいましょう。

5. オイルの確認

ピットに行くと作業スタッフの方が、オイルの状態を見せてくれます。問題なければ、これでおしまいです。
安全運転で帰りましょう!

オートバックスでオイル交換にかかった工賃 (費用) と待ち時間

実際にかかったオイル交換の工賃 (費用)

オートバックスのオイル交換でかかった費用
▲ オートバックスのオイル交換でかかった費用

今回はオイルエレメントの交換も含めて、5,000円ちょっとでした。
メンテナンス会員だと、基本工賃が無料なので、実際に払ったのはオイル代とエレメント代のみです。

会員特典について

おおよその内訳はこんな感じ↓

エンジンオイル代 (クーポンで10%引) 3,800円
オイルエレメント代 (〃5%引) 1,450円
会員エンジンオイル交換工賃 0円
会員オイルエレメント交換工賃 0円
合 計 5,250円

私は大型車で全合成油使用のためこの金額ですが、普通車や軽自動車は、もっと安いんじゃないかなぁと思います。もちろん使用するオイルのグレードにもよりますが。

エンジンオイル交換工賃の目安 – AUTOBACS公式サイト

愛車いたわりクーポン
▲ 愛車いたわりクーポン

あ、そうだ、車検時にもらった「愛車いたわりクーポン」を持っていたので、オイル10%引き・エレメント5%引きにしてもらえました。持ってる人は忘れずに使いましょうね。

オートバックスでの待ち時間

平日のお昼頃に行ってピットも空いていたため、待ち時間はエレメント交換も含めて25分ほどでした。土日や仕事帰りの夕方は混みやすいですので、もう少し時間がかかるかもしれません。

待っている間は作業中の様子を見たり、雑誌を読んでみたり、店内に面白い商品がないかチェックしてみたりと時間つぶししていました。

あとがき・・・

今回はうっかりしちゃってオイル交換時期からかなりオーバーしてたんですよね。

作業スタッフの方に「オイル、かなり汚れてませんでした?」と恐る恐る聞くと、「はい、結構汚れてました・・・」との返答。。

あぁごめんなさい、クルマくん💦 次はちょっと早めにオイル交換してあげなくちゃ・・・と帰ってすぐカレンダーにメモしたのでした。皆さんも、お気をつけ下さい・・・

Advertisement